• このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 京都朝鮮学校の裁判の客観的事実

京都朝鮮学校の裁判の客観的事実

~マスコミが報道しない「客観的事実」~

平成25年10月7日、新聞やテレビ、ラジオでとあるニュースが大々的に報道されました。

原告である京都朝鮮第一初級学校(以下京都朝鮮学校)と、在日特権を許さない市民の会(以下在特会)を中心とした2団体9名の被告により争われていた一連の裁判の地裁判決が出たのです。

結果は、在特会の敗訴。

1226万の賠償と、京都朝鮮学校から半径200m以内の街宣禁止が言い渡されました。

平成21年12月から平成22年3月までの3回に渡り、被告側が京都朝鮮学校に押し掛け拡声器による街宣やデモ行進を行ったとして、威力業務妨害や名誉棄損、民族教育権の侵害等で訴えられたのです。

新聞各紙はこれを社説や一面記事で大々的に報じ、NHKをはじめ民放各局もニュース番組で声高に、在特会の敗訴を報じました。

報道の内容としては、「『ヘイトスピーチは違法』とした画期的判決」「在日コリアンへの差別行為が罰せられた」等様々。

ですがその一方で、判決文に書かれた内容とは異なる点をさも事実であるかのように報道したり、敗訴した在特会側の言い分をほぼ全くと言って良いほど報道しないなど、その内容には偏りが目立ちました。

このシリーズでは、「京都朝鮮裁判」とは何だったのか?

事件のあらましや双方の言い分、そして判決を、報道されなかった真実と共に客観的に見ていきたいと思います。