• このエントリーをはてなブックマークに追加
HOME > 在日問題と在日特権 > 強制連行と在日朝鮮人の関係は

強制連行と在日朝鮮人の関係は

戦後、永いこと「在日朝鮮人・韓国人は強制連行された可哀想な人たち」という認識が日本人にはありました。

そして今現在でも、そう考えている日本人がたくさんいます。

今、日本にいる在日朝鮮人・韓国人は強制連行された子孫である、これは事実なのでしょうか?

 

1959年(昭和34年)に外務省が在日朝鮮人・韓国人に調査を行った結果を発表しています。

1959年時点での在日朝鮮人の総数は約61万で、外国人登録票について調査した結果、戦時中に徴用労務者としてきたものは245人であったとした。

さらに、「終戦後、日本政府としては帰国を希望する朝鮮人には常時帰国の途を開き、現に帰国した者が多数ある次第であつて、現在日本に居住している者は、前記245人を含みみな自分の自由意志によつて日本に留まつた者また日本生れのものである。したがつて現在日本政府が本人の意志に反して日本に留めているような朝鮮人は犯罪者を除き1名もない」

朝鮮人強制連行 - Wikipedia より抜粋・引用

また 、この事実は、あの朝日新聞ですら報道していることなのです。

 

2013年現在、在日朝鮮人・韓国人は52万人が居るとされています。

「在日朝鮮人・韓国人」と聞くと、戦時中に強制連行された被害者とその子孫とイメージしがちですが、これは全くの間違った認識であるということが真実なのです。

正しくは徴用であり、強制連行という言葉は日本を貶めるために造られた造語

永いこと耳にしている「強制連行」という言葉ですが、本来、このような言葉は存在していません。

正しくは上で記している通り「徴用」です。

「強制連行」とは被害を誇張して日本のイメージを落とすために朝鮮人によって造られた造語なのです。